約束されたやわもち

前回までのあらすじ

やわもち買えた

スライド2

このやわもちを開けてみる

やわもち

そうすると

IMG_1944[1]

デデデン!!!

見た目は 小豆ともちが普通に入ってる感じ

冷凍庫から出したばかりで固そう・・・(・ω・)

ためしに

IMG_1945[1]

立った!クララ○が立ったよ!

(by 某スイス人少女)

スプーンも刺さる冷凍感

3分ほど待って食べ頃を待つ!

IMG_1947[1]

口の中に一口

抹茶の香りが まず 鼻をくすぐる

一緒にすくった小豆と抹茶がからむ

「それは約束された勝利」

英雄王の後ろ姿が一瞬 脳裏をよぎる

その流れで もちを一つ口に運ぶ

「私は……貴方の口で食べられたかった。はとくまよ……他の誰でもない、あなた自身の食欲によって、我が身の味を問われたかった……」

白い雪のような餅が口の中で踊る

柔らかさと弾力のある食感がささやかながらも確かな主張をする

ああ、まるで湖のほとりに立つ 悲しげな騎士のほほえみ

王と騎士が運命にもてあそばれ戦い

その存在がなくなる瞬間、まるでその一瞬の邂逅のようだ

スライド3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ゆず より:

    どんだけやわもち好きやねんwww

  2. Ricot より:

    やわもちたべたいw

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)